アフィリエイト型の特徴

ここではインターネットビジネスの種類のうち、アフィリエイトタイプ(型)と呼ばれる種類の特徴について解説しています。

アフィリエイトは、他のページでも紹介しているとおり、「提携」を意味します。実際どのようなものかというと、広告を打ち出したいと考える側からの依頼を受け、商品紹介を代行で行うことで、その報酬を得るというのが広く知られた仕組みとなっています。このとき商品紹介の代行依頼を出した側の広告主は、「ECサイト」と呼ぶようで、商品紹介したことで受け取ることのできる報酬のことを「コミッション」と呼ぶそうです。

アフィリエイトにおける報酬の発生条件は、契約形態により大きく2つに分けられるようで、ひとつは「成果報酬型」、もうひとつは「クリックによる報酬型」というものです。概ね、アフィリエイトとだけ言う場合は、前者の成果報酬型をさすことが多く、クリックによる報酬型は、アフィリエイト内の一部をさすことが多いようです、

「成果報酬型」の場合、「商品を購入させたい」・「会員数を伸ばしたい」などの、広告主が目的としている事柄が満たされた段階で、報酬が発生されます。

「クリックによる報酬型」の場合は、サイト内に配置した広告をクリックしたことにより、広告主が紹介したい記事などの詳細ページへ誘導することにより報酬が発生します。比較的成果報酬型に比べ容易であるため、報酬額は成果報酬型より低く設定されています。つまりは、広告を掲載するサイトの利用者数が多ければ多いほど、クリックによる報酬型でも、高収入が望めることになります。もちろん、利用者数が多いからといっても、クリックされなければ報酬が発生することはありませんので、クリックしてもらう工夫は必要です。

では実際に広告主から広告掲載の依頼はどのように発生するのでしょうか。そこには、ASPと呼ばれる、広告主からの依頼を受け、アフィリエイトを行っているサイトに掲載依頼を発注する、仲介業者の存在が必要不可欠となります。このASPと呼ばれる企業の会員となることで、アフィリエイトを行おうと考えているサイト運営者は、比較的容易に広告掲載の依頼の発注をもらえるようになります。

ASPは、広告主からの発注内容などを加味して、掲載先のサイトを選定します。掲載先のサイトの選定には、過去のアフィリエイトの実績や、現在のサイトへのアクセス者数などを総合評価したうえでランク付けし、広告主からの発注内容に見合ったサイトが選定されます。つまり、ASPと呼ばれる仲介業者が、アフィリエイトを行うに当たっての橋渡しとなります。

ASPは商品販売や広告掲載の依頼などを含め、発注元からの依頼をいったん受け付けます。それを受け、実際の売り上げにつなげるための活動を、アフィリエイトを行うサイトに委ねるというのが、アフィリエイトの主な特徴となります。

インターネット環境さえあれば簡単に始めることができるのがアフィリエイトの魅力のひとつですので、詳しく説明しているページも参考にし、これを期にお小遣い稼ぎ感覚ではじめてみるのも良いでしょう。