アフィリエイトで用いる媒体について

ここでは、アフィリエイトを行う媒体の種類と、媒体の特徴について解説しています。

アフィリエイトで用いられている媒体として主に挙げられるのは、「メールマガジン」、「ブログ」、「PC・携帯サイト」、「PPC」、「SNS」などです。

メールマガジンによるアフィリエイトを行う場合の長所としては、他の媒体よりも収入の加速度が抜き出ている点や、サイト作成に関する知識が無くても、文章作成に関する能力が高ければ、高収入を稼ぐことが出来る点などがあります。短所としては、配信スタンドや代理登録などに関する運営コストがかかってしまうことや、近年ではスパムメール問題などが頻発した関係で、メールマガジンの送信が正常に行えなくなってきてしまっているなどの環境的な問題も多いと考えられています。

次にブログを用いたアフィリエイトについての特徴ですが、長所としては、ブログ運営会社にもよりますが基本的に利用料金がかからないことや、ブログ運営会社から提供されている標準のデザインを用いることで、デザイン性に富んだブログページを容易に構築できるため、初心者でもある程度の品質を確保しやすいなどが挙げられています。短所としては、ブログの閲覧者数を増やすまでには、ある程度長期的に根気良く待ち続ける必要があることや、ブログの更新数が低いと閲覧者数は急速に下がるため、更新回数による収入額への影響が大きいなどが上げられています。

次にPCや携帯のサイト運営によるアフィリエイトについてですが、多くはリンククリック型のアフィリエイトを利用していることが多いようで、長所としては更新回数が低いからといって大幅に収入が変動することが無いことや、サイトのデザインなどを含め自由度が高いことなどが上げられています。ブログを用いたアフィリエイトとほぼ同様ですが、収入が発生するまでに長期間必要となることが多いことや、ブログ異なりホームページ作成に関するある程度の技術が必要となってくるなどの短所があります。

PPCやSNSなども媒体として利用されている場合がありますが、SNSに関しては多くのSNSで商用行為が禁止されていることが多く、PPCに関してはノウハウがあまり公開されていないため、これから新たに始めようという方にはあまりお勧めできないものかと思います。

それぞれ特徴を持っており、適正がありますので、どの媒体を用いてアフィリエイトを行うかを検討することで、収入が変わってきますので、必ず検討していただきたいと思います。