ホームページを作るには

ここではインターネットビジネスをはじめようと考えられているかたの中で、ご自身でホームページを作成し、その中でアフィリエイトなどをおこなうような場合のための、第一歩となるホームページを作成するにあたって必要となる事柄を簡単に解説しています。

ご自身のホームページを作成するにあたってまず作成するのが誰かという点を決める必要があります。ひとつは自分自身で全て作成するという方法、もうひとつはホームページ作成の代行をおこなっている業者に発注してデザインなどを伝えて作成してもらう方法です。この2つの大きな違いは、途中変更などの自由度などもありますが、一番の違いは当然費用面の違いです。ある程度のスキルがあれば、ホームページを作成するということ自体にかかる費用は限りなくゼロに近いでしょう。

では、それぞれの方法別に手順を説明させていただきます。まずご自分で作成する場合ですが、HTMLと呼ばれるプログラムに関する知識を習得しましょう。これに関しては、インターネット上で非常に多くの入門サイトが存在していますので、検索エンジンを用いて「HTML 入門」などで検索することで容易にスキル習得のための参考サイトが見つかると思います。

入門サイトの選定に関してはご自身がわかりやすいものでよいかと思いますが、中にはHTMLではなくHTML以外のプログラム言語に関する知識を織り交ぜて紹介している場合などが多く、それらの特定のプログラム言語は使用できる環境などが制限されている場合が多いため、より一般的な環境で使用できるHTMLのみにまずは限定するほうが導入時点ではメリットが多いと考えられます。もちろん知識があるかたは、ご自身がどのような環境でホームページを公開しようとしているかなどを考慮したうえでプログラミングスキルの習得をおこなっているかと思いますので、ご自信の環境に合わせてご確認いただければ問題ないかと思います。

そして入門サイトでHTMLに関する知識をある程度習得したあとは、実際にホームページ作成に入るわけですが、ここで必要となるのがホームページ作成用の専用ソフトです。代表的なものとしては、マクロメディア社から公開されているドリームウィーバと呼ばれる製品や、IBM社から出ているIBMホームページビルダなどの製品があります。これらは、HTMLを用いてホームページを作成するにあたっての補助機能などが充実しています。例えばHTMLに関する知識などを十分に習得していない状態だったとしても、これらのソフトを使用することで、マウス操作によりある程度のデザインを組み立てることができるようになります。

つまり、プログラム習得が面倒であれば最初からこれらのソフトウェアを導入することで、一般的なホームページは簡単に作成できるのです。ソフトウェアの導入コストと、スキル習得までにかかる時間を考えれば、ソフトウェアを導入するかたが圧倒的に多いかと思います。今後はじめようと考えているかたにも、もちろんソフトウェアの導入をお勧めいたします。

ホームページ作成を業者に依頼しておこなう場合の手順ですが、これに関しても検索園児などを用いて、「ホームページ制作会社」などのキーワードを用いて利用する業者を選択するとよいでしょう。制作会社を選ぶポイントとしては、制作会社が製作に関して前向きで、足並みをそろえてくれることなどを踏まえて選択するのがベストと考えられます。当たり前のような話ですが、話がかみ合いそうにない業者を選んでしまえば、製作が難航しますのでご注意いただければと思います。

長い目で見ていただければ、保守性も費用面の問題でもご自身で作成するほうがよいかと思います。もちろん業者に依頼することで、専門的な知識を用いて作成してくれるので、デザイン性や操作性などが向上する場合もあるので、プログラムスキル習得に自信がないかたやデザイン性などの充実をはかりたい場合などは、業者を利用するのもよいでしょう。