ドメインとは

ここでは、インターネットビジネスをおこなっていく中で耳にすることが非常に多いドメインという言葉について簡単に紹介しています。若干専門的な話ですが、噛み砕いて解説していますので是非ご確認ください。

ドメインという言葉の意味は、「インターネット上のネットワークやコンピュータを識別するために付与されている、名称のようなもの」という表現をすることが一般的です。ちなみに、IPアドレスなどは、インターネット上の住所などと呼ばれることもあります。ではインターネットビジネスにおいてドメインがどのようにかかわってくるかというと、もちろんインターネットを使っている以上はドメインが必然的にかかわってくるのですが、直接的にドメインがかかわってくる内容として、「独自ドメインの取得」というお題目が出てきます。

独自ドメインとは、前述したドメインを、ご自身固有の名称で取得したものです。つまりインターネット上でそのドメインは基本的に唯一のものとなります。

では、独自ドメインをもつことと、インターネットビジネスにおいて成功することの関係はどこにあるのでしょうか。それは、まず何よりも信頼性です。一般的には独自ドメインをもっている企業は、もっていない企業に比べて圧倒的に顧客からの信頼性が異なります。

フリーのドメインなどが公開されていますが、これは同じ形態のドメインが多数存在しており、残念ながら企業の信頼性にはつながることはまずありません。つまり独自のドメインがもてるということは、企業としてある程度安定していることをさしているという認識があるため、インターネットビジネスにおいては信頼性面で有効となります。それ以外にも、社名や商品名などをドメイン名に用いることで、サイトのURLも覚えやすくなるなどの付加価値も見込めますので、価値は大いにあるといえるでしょう。

なお、ドメインは既に登録済みのものは使用できません。社名などの頭文字を使用しようと考えた場合に、既に使用済みのドメインの場合が多くあります。そのような場合は略称を使用するなどでも良いですが、とにかく印象に残りやすく、また企業との接点がある別のキーワードを使用するなどもお勧めです。

いずれにしても、独自ドメインは企業にとってはステータスともいえる存在ですので、ビジネスでの成功を目指すのであれば、是非取り入れていただきたいと思います。