BtoB・BtoCの違い

ここではインターネットビジネスにおける、BtoBとBtoCの二つの用語と、それらに関して知っておいていただきたい「違い」について解説しています。

まず用語の意味についてですが、BtoBとは一般消費者を顧客として物品販売を行うビジネスをさします。それに対しBtoCとは企業を顧客として取引を行うビジネスを指します。

BtoBとBtoCの大きな違いとして挙げられているものとしては、顧客が衝動により購入する可能性があるかどうかであると考えている意見が多いようで、BtoCにはその衝動的な購入の可能性があるとされています。BtoCを主体としたビジネスを行う場合、メールマガジンなどを用いたビジネスを行うことで、企業の懐へ飛び込むキャッチーなフレーズなどをメールマガジンに記載できれば、顧客の取引担当の方が衝動的に大型取引を一手に発注していただける可能性が出てきます。

ここは企業間の付き合いなどでもよくある話で、これからも仲良くしていきたいなどと考えている場合などには、発注先を一箇所に絞っても良いという考えが生まれ、結果的には衝動的にも近い取引が成立します。これは非常に大きなビジネスチャンスとなりますので、商法として取り入れていくのは大いに価値があると考えられるでしょう。

BtoBの場合は、一般消費者相手なので、基本的に「現時点では不必要なもの」は衝動的に購入しません。別段一般消費者は企業との付き合いなどは重視する必要が無く、また「これから必要になるから、今のうちに購入しよう」というような、先々のニーズを想定して商品を購入することは、そう多くはありません。そのためBtoBを主体としている場合は、オークション型などのインターネットショップが主流であると考えられています。

BtoB・BtoCのいずれも、ビジネスチャンスは存在しており、結果的には顧客のニーズがつかめなければ、売り上げは上がりません。ただ、顧客となる対象が一般消費者か企業家によって、戦略や必要となるスキルなども大きく異なってきますので、ご自身の現状を考慮したうえで、どちらを顧客の主体としてビジネスを行うかをご検討いただければと思います。