インターネットビジネスの種類について

ここではインターネットビジネスにはどんな種類があるのかの概略を解説しています。各種類の詳細に関しては、個別の解説ページも用意してありますので、詳細もぜひ確認してみてください。

1つ目に紹介させていただくものとして『アフィリエイト型」という種類があります。アフィリエイトとは、「提携」などを意味する言葉で、商品を紹介したいと考える広告主から、商品紹介の代行依頼を受け、その商品の広告などをメールマガジンやブログなどに掲載することで、広告代理を行うビジネスの種類です。要はインターネット上の広告代理店行とでも言うとぴんとイメージがわきやすいかと思います。

アフィリエイト型の場合、報酬が発生する条件やその金額などは、広告主との間でかわした契約形態によって大きく左右されます。

次の種類としては「ショップ型」というものがあり、これは店舗販売するビジネスのインターネット版と考えてもらえば、イメージがわくかと思います。

仕入れた商品を、インターネットを用いて販売し、その販売で得た収入を基に行うビジネスですので、より一般的なビジネスの形態かと思います。ショップ型の場合は、商品の在庫の責任がどこにあるかなどにより、皆さんにかかるリスクは非常に変わってきますので、この点が注意する点になるでしょう。

他にも「情報起業」という種類のものがあります。この種類の場合は、広くは「ハウツー」などの、なんらかの情報に関して専門的な知識が必要な場合や、応用できる利用価値の多い情報を取りまとめ、それらを電子書籍や光学メディアにして販売する手法です。予断ですが、これらの電子書籍や光学メディアは総称して「情報商材」と呼ぶようで、情報商材の作者は、「インフォプレナー」と呼ぶようです。

最後に紹介するのが、「内職型」と呼ぶものです。この内職型は位置づけが難しいものですが、非常に簡単な作業のものが多く、例えばアンケートの回答をするなどの、お小遣い稼ぎの感覚で行えるものをさすことが一般的なようです。

このように、本格的な商法をとるものから、お小遣い稼ぎの感覚で行えるものまで様々な種類がありますので、自身に見合ったものをまずは大きくわけた前述した種類から選択したうえで、更に詳細を調べていきましょう。