インターネットビジネスにおける決済手段

ここではインターネットビジネスをおこなうにあたり必要となってくる決済手段について解説しています。

インターネットを用いたビジネスの場合、目の前にいる顧客に商品を手渡しして、代金を直接受け取るということはほとんどありません。

個人向けもしくは、企業が一般消費者向けにインターネットショップなどにより商品販売をおこなう際の支払い方法(決済方法)として提供する代表的なものとしては、「クレジットカード決済」、「代金引換」、「銀行振り込み」、「コンビニ振り込み」、「郵便振り替え」、「電子マネー決済」などが挙げられています。

前述した決済方法の中でも、代金引換とクレジットカード決済、コンビに振り込みを洗濯する消費者は非常に多いため、決済方法には上記3つの方法は取り入れるべきでしょう。これは、ビジネスをおこなっていくにあたって、消費者からお金を払ってもらえないという事態を未然に防ぐ意味合いと、支払いやすさを考慮するという2点を加味した総合的な判断になります。もちろんのことながら、顧客の層や、販売をおこなう地域や商品の内容によっては、上記3つ以外の決済方法を取り入れる価値もあるかと思いますが、基本的には上記3つで充足できると考えるのが一般的のようです。

なお、上記で挙げた推奨としている決済方法は、あくまで顧客が一般消費者である場合で、顧客が企業となる企業間取引の場合、法人用のクレジットカードの普及が日本では進んでいないことから、銀行振り込みと代金引換が最低限必要となる決済方法と考えられているようです。

前述したとおり、取り扱う商品や顧客に応じて推奨となる決済方法が変わってきますので、状況に応じて最低限必要となる決済方法を取り入れましょう。