主な成功事例

ここでは、インターネットビジネスの、代表的な成功例を紹介しています。

他のページでも記述しているとおり、現在では非常に数多くのビジネスが、インターネットを用いておこなわれています。では、その数多くのビジネスすべてが成功しているのでしょうか。答えはノーです。もちろんのことながら、多くのビジネスのうち、成功しているのはほんの一握りでしょう。

成功した例としては、「楽天市場」などの大型のインターネットショッピングモールや、「Amazon.com」などの書籍や電子機器などの非常に数多くの商品を取り扱っているインターネットショップなどが挙げられています。

楽天市場などの大型のインターネットショッピングモールは、実際のショッピングモールのようにテナントのような小型店舗の集合からなるショップです。では、楽天市場が成功して、その他の多数のインターネットショップが成功しなかった理由はどこにあるのでしょうか。その違いは、サイトで商品を掲載する際の商品紹介や、ショッピングをするに当たっての顧客の視点を重視しているかどうかという、サイトの構成にあります。実際にショッピングに出かけたときを考えていただけばお分かりいただけるかと思いますが、商売っ気のない店舗に足を運ぶよりも、丁寧かつ詳細な説明を付け加えてくれる店員の方がいらっしゃる店舗が売り上げを伸ばすのは当然のことです。

もちろん店員さんが近づいてくるのを苦手と感じる方も多いかとは思います。それらを加味して、「時間や人目を気にする必要がない」、「知りたいと思う事柄が説明されている」、「ほしいと思った商品を用意に探し出せる」など、「顧客からみて商品購入が容易か」、「商品購入までのサイトの構成に興味がわくものがあるか」など、顧客視点でサイト構成を客観的にみて改善し続けたことで運営していることが、他のショップと楽天市場との大きな違いとなり、現在では国内有数の大型ショッピングモールに成長したと考えられるでしょう。

「Amazon.com」に関しても楽天市場同様に、顧客が不便と感じる日常生活の穴ともいえる部分を見いだせたことが拡大につながったと考えられます。普段特定の書籍を購入したいと考えたときに、実際に書店に足を運んで目的とする書籍を探すまでには非常に多くの労力がかかります。それをAmazonでは、自社に広い書籍管理用のスペースを設けて、特殊な管理方式をとることで、目的とする書籍が注文されてから発送されるまでの期間を短期間でおこなえるほどの管理方式を構築したことで、低コスト且つ膨大な商品数を扱うことが出来るようになり、それらの書籍の管理が行き届いているおかげで、リアルタイムで在庫情報等をインターネットショップ上で公開することに成功しています。つまり、「ほしいものがすぐ手に入る」とい点を重要視し、それを実現できたことが成功した大きな理由といえるでしょう。

なんとなくビジネスを行い、当然のように知られている技術や手法をとっては、ビジネスの大成功にはつながらないことが多いです。まだ見いだされていない日常生活の不便な点をビジネスチャンスになるととらえられるよう、日々アンテナを張っておくことが、成功につながるはずですので、普段から注意して生活してみましょう。