知っておくべき法律

ここではインターネットビジネスをおこなう方々にとって避けては通れない法律について解説しています。

他のページでも紹介しているとおりインターネットは非常に便利なもので、知りたいと思った情報が容易に手に入ります。それらの容易さは、人々にとっては必要不可欠なものとまでなってきており、利用する年齢層に偏りもなくなってきているほどです。

これらの容易さは時としてメリットになり、時としてデメリットとなります。便利なものには危険なことがどんなときでも潜んでいるのです。では何が危険なのでしょうか。それは、安全性です。インターネットの普及するスピードは、予測を遥かに上回り、インターネット業界の安全面に対する規律が確立される前に、一般ユーザが利用するまでにいたりました。ここに危険性があるのです。

容易に情報を得られるということは、容易に情報を与えられると同じで、情報を与える側の人間が情報そのものの価値を認識せずに公開してしまうことで、個人のプライバシーを侵害するなど犯罪幇助のような格好になってしまうことも多いようです。これは、現実に起きている問題で、インターネットを利用している中で、多数のトラブルが毎日のように発生しています。

これらのトラブルの加害者にも被害者にもならないよう、知っておくべき法律を2つ紹介させていただきます。

一つ目は、「個人情報保護法」と呼ばれるものです。これは、インターネット上で何らかの形で入手した個人の情報を保護することを目的としており、プライバシー保護が主要な目的です。この法律で定められていることを守ることは、企業だけではなく個人でも当然のルールになっていますので、インターネットビジネスの中でだけでなく日常生活での安全性も考慮して、この法律については内容を熟読しておくべきでしょう。

その他、「会社法」と呼ばれるものが改正されており、インターネットビジネスをおこなう方にとっては、重要事項が定められているようなので、必ず確認しておくことをお勧めいたします。