独立と孤立の違いに関する注意

ここでは企業するにあたってのよくある誤りによる失敗を防ぐための注意事項を紹介しています。

このサイトをごらん頂いている方の多くは、既に何らかのビジネスを始められているか、これから始めようと考えられている方が多いかと思います。

インターネットビジネスをおこなっている多くの方々が陥りやすい失敗のケースとしてあるのが、同業者を「ライバル」・「敵」として捕らえてしまうことです。ここを誤ってしまうことは、非常に大きな間違いです。同業者は、時として同じ業界を盛り上げていこうとする仲間にもなりますが、敵としてあらかじめ敬遠してしまうと、完全に孤立していってしまい、業界の波に乗り遅れることが多くなってしまいます。

同業者とは、時として力を合わせ、業界の発展にも力を注ぐことが、自身のおこなうビジネスの成功につながるのです。その協力する流れの中で、新たな市場が構築されることも少なからずあり、またその過程の中で、新たな発想により大きな成果を遂げられた成功者の方も非常に多くいらっしゃいます。

つまり孤立してしまっては、自身が知りたい業界の内情などが手に入れづらくなり、結果的に一般的に知れ渡っている市場の情報などしか知らない一般ユーザと同様のことのみを商材として扱う以外に出来ることがなくなってしまいます。これは結果的に失敗につながる可能性が高くなるのが必然ともいえるでしょう。

これらをふまえると、企業などにお勤めだった方が起業するにあたって独立する際などは、働いていた企業を辞めた後でも何らかのコネクションを残せるよう努力しておくことが重要となってくることや、ビジネスを開始した直後は業界の先駆者の方々とのつながりを多く持てるよう努力するのも、成功への近道になるといえるでしょう。

これらの点をビジネスマーケティングに関する勉強会として、実践会と呼ばれる会が設けられており、インターネットビジネスをおこなっている方々の重要な成功・失敗の両方の体験などを交えた意見交流会がおこなわれているので、積極的に参加することをお勧めいたします。